鉛バッテリーの「サルフェーション」に一撃!容量復活!パルステクノロジー鉛蓄電池のバッテリー上がりの防止・寿命を延長!コスト・メンテナンス費用削減・稼動効率アップ!!バッテリートラブルに悩む全ての方へ米軍にて60万台以上を導入、年間コスト30億円削減の圧倒的な実績

リチウムイオンよりも安全な「二次電池」としてまだまだ根強い世界で圧倒的なシェアを誇る鉛蓄電池、以前よりも更に進化した鉛蓄電池は農業・工業・車・機械・電波塔・医療などありとあらゆる場所で使用されていますが、昔からある問題が指摘されていました。それは「使わずに電気が抜けた」「使いすぎて電気が抜けた」鉛蓄電池の寿命が大幅に短くなっている事でした。
それは硫酸鉛という内部に出来る物質の結晶化(不活性化)=サルフェーションと呼ばれており、世界中で1990年代初頭までは「修復できない問題」として処理されていました。そこに登場したのがこの「パルス テクノロジー」です。

アメリカのNASA(アメリカ航空宇宙局)が人工衛星に搭載していた鉛蓄電池の延命の為に開発した技術、それは特定の高周波数を蓄電池の内部に流した後で充電することで、硫酸鉛の結晶化状態=サルフェーションを「元の分子状態に戻す事を可能」にしたのです。アメリカのパルステック社はこの技術を取得し民間でも使える汎用品も製造、その一部の商品は、アメリカ軍・NATO軍・イギリス軍でも試験を経て評価され、今では世界各地で大量に導入されています。

バッテリーのトラブル、もうたくさん…バッテリーのお悩みを解消!

日本で特に多い問題は・・・
農業機械(トラクター・コンバイン・軽トラック・除雪機)をたくさん持っているが、季節車両ばかりで使わない時期に電気が抜けて、使いたいときには壊れている・動きが悪い等

物流倉庫では、食品などがあると電池式のフォークリフトを使用しているが、今は電池材料の鉛自体が非常に高価で、電池を買い替えるだけでも国産品で60-200万円、外国産でも30-100万円と間接経費が経営を逼迫している。

自動車販売店では、屋外/屋内展示しているが、エンジンを掛けない状態でお客様に車内を見てもらう事が多く、搭載している鉛蓄電池の電気を室内灯・ラジオ・CD・パワーウインドウに使用して販売する事には電池が悪くなっていて新しいものに交換してから販売している。など、様々な鉛蓄電池の問題が日常的に起こっています。

商品概要とメリット

「パルステクノロジー」とは?

日米で特許取得のパルス発生機により、鉛蓄電池の寿命を縮める
「サルフェーション」(硫酸鉛の結晶化)を防止・除去。
鉛蓄電池の寿命を2~3倍に延長可能にした技術です。
※「パルステクノロジー」製品をバッテリーに接続して使用します。

イメージ画像

下の写真は、鉛蓄電池内部の「極板」と呼ばれる部分を電子顕微鏡で拡大したものです。

使用前と使用後

「メリット」

① 稼働効率、業務効率アップ
稼働時間の落ちてきたバッテリーに使用することで、新品時の約97%にまで容量回復。
寒い季節もすぐに使用可能になることで、業務の効率もアップします。
② コスト削減
バッテリー寿命が2~3倍に延長されることで交換間隔が伸び、中長期でのコスト削減になります。
③ メンテナンスの手間を軽減
容量低下に伴うバッテリー積み替え作業や、補水等メンテナンスの手間を軽減します。
④ バッテリー廃棄問題・環境問題解決への貢献
バッテリー廃棄量が軽減されることで、廃棄コスト削減・地球環境問題への貢献になります。

製品一覧

製品は常に鉛蓄電池に取付けたままにしておく「常時取付型」と、定期的に取付けて内部除去作業を行う「不定期型」に分かれます。
「常時取付型」の製品 ・・・ソーラーパルス 2・5・6W / パワーパルス / エコパルス
「不定期型」の製品 ・・・ レディ パルス チャージャー / パルス チャージャー / パルス チャージャー12
ソーラーパルス

ソーラーパルス

  • ソーラーパルス 12V2W ……… 定価(税別) 19,800円
    数量 
  • ソーラーパルス 12V5W ……… 定価(税別) 24,900円
    数量 
  • ソーラーパルス 12V6W ……… 定価(税別) 29,800円
    数量 
  • ソーラーパルスは太陽のエネルギーを電力に変え「パルステクノロジーの特殊パルス」を発生させバッテリー内に流す事により両極板に付着している硫酸鉛(サルフェーション)を除去・防止し、バッテリー容量を常に100%使用可能な状態に維持すると共にバッテリーを充電いざ使用する時にでも確実にスタートします。 タイプは鉛蓄電池サイズで下記の3種類があります。
    2W・・・12V1~100Ahまでが最適
    5W・・・12V1~150Ahまでが最適
    6W・・・12V1~180Ahまでの船舶・キャンピングかー等が最適
    対象電池が24Vや36Vの場合は、複数個使用して対応が可能

パワーパルス

パワーパルス(12V用・24V用・36V用・48V用の4種類)

  • 12V用 パワーパルス ……… 定価(税別) 9,000円
    数量 
  • 24V用 パワーパルス ……… 定価(税別) 12,000円
    数量 
  • 36V用 パワーパルス ……… 定価(税別) 15,000円
    数量 
  • 48V用 パワーパルス ……… 定価(税別) 20,000円
    数量 
  • 鉛蓄電池からの電圧を感知して作動し、高周波をバッテリー端子を経由して24時間365日鉛極板に流して、サルフェーションを電気分解できる状態にします。
    対応鉛蓄電池:一般的なペースト式の鉛蓄電池 
    (※クラッド式と呼ばれ主に電動フォークリフトに使用するものは非対応)
    対象電池が72Vや96Vの場合は、36Vタイプや48V対応を複数個使用して対応が可能パワーパルス(12V用・24V用・36V用・48V用の4種類)

エコパルス

エコパルス(12V用・24V用・36V用・48V用の4種類)

  • 12V用 エコパルス ……… ※受注生産品
    数量 
  • 24V用 エコパルス ……… 定価(税別) 34,800円
    数量 
  • 36V用 エコパルス ……… ※受注生産品
    数量 
  • 48V用 エコパルス ……… 定価(税別) 44,800円
    数量 
  • パワーパルスでは対応できないクラッド式と呼ばれる電池に対応(主に電動フォークリフト・カウンター)
    商品は、12V用・24V用・36V用・48V用の4種類があり。 
    対象電池が72Vや96Vの場合は、36Vタイプや48V対応を複数個使用して対応が可能。

レディパルスチャージャー

レディパルスチャージャー

  • レディ パルス チャージャー ……… 定価(税別) 25,000円
    数量 
  • 交換部品(ワニ口 クリップ)……… 定価(税別) 2,000円
    数量 
  • 交換部品(O型リング式 クリップ)… 定価(税別)1,500円
    数量 
  • レディ パルス チャージャーはAC100V使用の全自動バッテリー再生機です。
    パルステクノロジーによるサルフェーション(硫酸鉛の結晶)除去機能に最大2.5Aの充電機能、内部診断機能を内蔵し、劣化鉛蓄電池(サルフェーションが内部に発生)を接続すれば、再使用可能かどうかを判定し、再生可能であれば自動にて再生作業を始めます。
    再生作業は最大で72時間。日本国内販売3万台を誇る人気商品。

パルスチャージャー

パルスチャージャー

  • パルス チャージャー ……… 定価(税別) 198,000円
    数量 
  • 上記の「レディ パルス チャージャー」の業務版、機能は同じですが使用電圧も100~250Vで、最大充電電流も20A(約8倍)で充電出来るので、産業車両や特殊大型鉛蓄電池に最適。 
    外観も防水ケースに入っているので持ち運びも便利です。

パルスチャージャー12

パルスチャージャー12

  • パルス チャージャー 12 ……… 定価(税別) 798,000円
    数量 
  • 充電器シリーズの最高級品、12個の鉛蓄電池を同時に再生充電可能。
    最大充電電流もそれぞれ8Aで、本体に各蓄電池の状態を表示するLEDが搭載されています。

導入実績

米軍…60万台以上を導入、年間コストを30億円削減

自衛隊…電動作業車に導入

民間企業…各種電動作業車に導入

業務用から個人利用まで広く導入、コスト削減に大きく貢献!!

お客様の声

農機に導入、バッテリー上がりを0に!

バッテリー交換の周期を延長・交換費用を節約!

バイクのバッテリー上がりが復活!

お客様からのよくある質問

Q1電池が新品のときから使用したほうがいいのですか?
A1最初に、弊社の商品技術は本来「鉛蓄電池が悪くなる前=新品から使っていただく」事が最適です。人間の体と同じなのです。 末期がんになってから手術するのと、初期がんを手術するのでは、その回復率も大きく異なります。 鉛蓄電池も劣化が進みすぎると弊社の技術でも「手遅れ」になります、残念ながら万能の技術ではありません。
Q2再生した電池は、その後どのように劣化しますか?
A2再生後は、新品時と同様のペースで劣化します。新品時から継続的に使用して頂くことが最も効果的
Q3再生した電池は、その後どのように劣化しますか?
A3鉛蓄電池は鉛を「鉄の格子状網」に塗ったものを「極板」と呼んでおり、これらが希硫酸の液体に浸されています。 硫酸鉛は、蓄電池が電気を使う(放電)際に、この希硫酸に浸された部分の鉛の表面にできます、見た目は「白い粉」のようなものです
Q4「硫酸鉛」は充電すると電気分解するのではないか?
A4はい、硫酸鉛自体は通常の充電流が最適であれば、極板を傷めたり・脱落せずに電気分解します。
Q5なぜ、硫酸鉛は「サルフェーション」という固い結晶になってしまうのか?
A5硫酸鉛自体は、蓄電池に最適な充電電流を流せば電気分解して元に戻ります(=鉛と希硫酸に分かれる)しかし、この硫酸鉛を「放置=充電しないで置いておく」と12Vの鉛蓄電池だと電圧が10.5Vまで下がった時に結晶化が始まり、これが「サルフェーション化」で、この結晶が硫酸鉛表面を覆ってしまうと、市販の充電器の充電では電気分解出来なくなってしまうのです。
Q6商品には「AC電源タイプ」「ソーラータイプ」「電池電源使用タイプ」の3つがあるが、なにが最適なのかが分からない。
A63つの商品には大まかに言うと下記の特性が向いています。

「AC電源タイプ」・・・レディ パルス チャージャー・パルス チャージャー等
充電器は、バッテリー1台1台に「車輌の未使用時」に作業するので、日頃使わない時間の多い車両に取り付けるのが良いです。
代表例:農機・週末しか乗らない車/バイク・除雪機・船舶・ジェットスキー 「ソーラータイプ」・・・ ソーラーパルス 2W/5W/6W
日光が当たる場所に保管している事が最低条件になります。また鉛蓄電池の容量が12V1~120Ahくらいまでが適しています。
代表例:重機・農機・停泊している船舶・鉄道・消防・救急・警察・自衛隊 「電池電源使用タイプ」・・・パワーパルス/エコパルス
このタイプには硫酸鉛とサルフェーションを直接分解する機能は無いので(充電ですぐに分解出来る状態する商品)、充電を定期的に行う車輌が向いています。
代表例:自家用車・営業車・運搬車・フォークリフト・無人搬送車・エレカ・電動バイク・UPS
Q7御社の充電器を使用してLED表示「100%」が点灯したが、鉛蓄電池が復活しなかった・・・。
A7パルステクノロジーのパルス充電器は特殊高周波を鉛蓄電池内部に送り、その後の充電流でサルフェーションを完全に分解除去してバッテリー容量(比重・CCA値)を回復させる装置です「硫酸鉛以外の劣化を起こしたバッテリーは復活できません」、その為下記のどちらかが考えられます。
可能性 ① : 弊社の技術は『パルス⇒充電⇒分解⇒復活』の流れになりますので「満充電」しているバッテリーへ直に装着しても「分解する為の充電をする空き容量」が無い為、「分解作業」が出来ない事が有ります、既に充電してあるバッテリーに弊社商品をお取り付の際は、バッテリーを一度「使用=放電」していただく必要があります。
上記の可能性が該当しない場合で、弊社商品を「1回72時間を合計2回」しても回復しない物は、他のバッテリーと交換してメンテナンスをお願いします。
※この際に、商品本体の表示に以上がある場合は、使用を中止して弊社までお問い合わせ下さい。
可能性 ② : 特に、年数が経過(3年以上)して電極板の鉛脱落等によりサイクル寿命が近づいたバッテリーの回復率は低くなります。極板から剥がれた鉛の劣化は修復できません。また、電解液( バッテリー液) の不足で電極板を露出させた経歴のあるバッテリーは電極板の劣化(充電時の焼きつき)が進行している場合が多く、同様に弊社商品での回復率も低くなります。
Q8容量の大きい鉛蓄電池の再生は可能か?どのくらい充電時間はかかるのか?
A8弊社の充電器シリーズは、「12V240AH」の容量の鉛蓄電池まで対応しています。概ね、サルフェーションは汎用タイプの「レディ パルス チャージャー」の場合で通常72時間あればパルス充電作業を完了する事ができます。しかし、鉛蓄電池に優しい充電( 普通充電に換算すると5A相当)の為、容量の大きな鉛蓄電池の場合は充電時間が「72時間」よりも長く掛かる場合があります。 その場合は72時間以上経過してから再度、充電器本体の電源を抜き差し(初期化)して再度充電をして下さい。
※弊社の業務用の充電器はこの作業は不要です。
また、充電作業時間はそれぞれの鉛蓄電池の「事前の充電・劣化状態」によります。
Q95~6年使用したバッテリーで「希硫酸=電解液」が黒く濁った状態だが、回復するということは、電解液がきれいになるのか?
A9電解液が濁った状態は、極板の物質(主に鉛)が剥離して希硫酸内に沈殿している状態が考えられるので極板自体が劣化しているものと思われます。 剥離した鉛についているサルフェーションも極板に付いているサルフェーションもどちらも除去できますが、極板から剥がれた鉛は電気が溜まらないので蓄電能力自体が低下している為、このような鉛蓄電池の回復は難しいと考えられます。
Q10ディープサイクルバッテリーでも使用できるのか?
A10はい、殆どのディープサイクルバッテリーに使用できます。一部のディープサイクルバッテリー等で「16ボルト以上」で充電が必要なタイプがありますので、その電池には弊社商品では「充電」が出来ませんのが「分解準備」は可能ですので、弊社適応商品を動作可能な状態で1~3日接続後、その電池専用の充電器で充電して頂ければ同様の効果(サルフェーション分解と充電)が可能です。
Q11ディープサイクルバッテリーは他の鉛蓄電池より回復が悪いようだが?
A11ディープサイクルバッテリーは通常の電池と異なり、「充電と放電」を繰り返すことが出来ます、そのため、都度大量の硫酸鉛やサルフェーションが出来ていてはすぐに使用できなくなるので、硫酸鉛などが極板に「出来にくい」設計仕様になっています。メーカーにもよりますが出来る硫酸鉛の量は10~30%程度で、劣化は硫酸鉛以外の劣化が大半を占めています。
Q12作業終了後に本当に鉛蓄電池の充電容量が回復しているかどうかわかる方法はないのか?
A12充電容量は実際に放電試験をおこなえば明確にわかりますが、時間がかかる事とバッテリーを傷めるおそれがあることが難点ですので下記方法をお勧めします。その信用度は以下の順番です。

① CCAテスター(コールド・クランキング・アンペア・テスター)を使用し容量を測定
② 比重値の測定 ※通常は新品だと一般的な12V車用鉛蓄電池で12.75-12.80
③ 電圧測定 ※注意:電圧は修復不可能な電池でも最初だけなら上がります。一度計測後に充電終了後24時間ほどあけてから電圧を測定すると、ある程度正確 な電池状態が分かります。

注意:電池の容量や数値は各蓄電池メーカーや購入した販売店にご確認下さい。
TOP